> ホーム > TDCサービスナビ > 省エネルギー 編 > 計算

こんなときはどうすればいい?を解決します
TDCサービスナビ

非住宅用途の計算方法について
計算プログラムは建築物省エネ法告示に示された内容に沿って国立研究開発法人 建築研究所が開発したWebプログラムがあります。
非住宅建築物の詳細な計算方法として「標準入力法」、建物用途における主要室のみを抜粋して行う「主要室入力法」、簡易計算方法として「モデル建物法」があります。

省エネ計画書を作成する側、審査する側の負担を軽減する為に「モデル建物法」が推奨されています。
一方「標準入力法」は、表示制度や補助金申請など、結果に対してより精微な計算を求めたい場合に用いられることがあります。
一般的にはモデル建物法と比べBPI、BEIは小さく算出される傾向があります。

上記プログラムとは別に、告示によらず特別な調査又は研究に基づく計算方法として(財)建築環境・省エネルギー機構が開発したシミュレーションプログラム「※BESTプログラム(基本版:BEST誘導基準認定ツール)」もあります。

[省エネルギー計算] 非住宅

住宅用途の計算方法について
住宅用途は適合性判定の対象となりませんが、届出を行う必要があります。

外皮計算については詳細計算法となる「Uη計算」と断熱等の仕様から判断する「仕様基準」に分かれます。
「Uη計算」は非住宅と同様にWebプログラムを用いて行う方法や、一般社団法人 住宅性能評価・表示協会にある「部位別仕様表DB付き外皮計算システム」を用いて行う方法があります。
※ 当社では公開ロジックに基づいて開発した自社プログラムで計算しています(印字形式も当社オリジナルとなっています)

設備計算についても「一次エネルギー消費量算出法」「仕様基準」に分かれます。
「一次エネルギー消費量算出法」は同様にWebプログラムがあり、一般的にはこちらが活用されています。
「仕様基準」で評価した場合は、住戸毎に適合する必要があります。
なお、共用部の設備計算については非住宅用途の計算で用いられる「標準入力法」で評価する必要があり、「主要室入力法」や「モデル建物法」で評価を行う事はできません

[省エネルギー計算] 住宅

PAL*とBPIの違いについて
PAL*は建築物の外壁、窓等の年間熱負荷をペリメーターゾーン(屋内周囲空間)の床面積で除した数値の事を言います。(例 PAL*:360)
外皮基準については届出対象・適合義務対象とはなりませんが、熱負荷を抑制することで空調の消費エネルギー量を削減することができます。

一方、BPIはPAL*算定用WEBプログラムで算出した[設計PAL*]を[基準PAL*]で除した値を指します。(例 BPI:0.85)
※ BEIも同様に算定用WEBプログラムで算出した[設計一次エネルギー消費量]を[基準一次エネルギー消費量]で除した値を指します
※ モデル建物法の場合は詳細計算法と区別するためにBPIm、BEImと表記されます

住宅用途にPAL*はないの?
PAL*(年間熱負荷)はありません。住宅は外皮平均熱貫流率(UA値)と冷房期の平均日射熱取得率(ηAc値)を算出します。

各設備ごとに適合義務があるの?
建物全体で基準を満たしていれば、各々の設備が基準を超過していても問題ありません。

技術計算ソフトウェアについてのお問い合わせやお見積もりのご依頼は、下記までお気軽にご連絡ください

株式会社ティーディーシー
TEL:047-380-1811