> ホーム > 誘導基準、任意申請制度
各種認定・表示制度

各種認定・表示制度の一覧


各種認定・表示制度の一覧
※1認定には省エネ基準以外にも条件があります
※2結果により星の数でランクが表示されます
外皮結果は適否のみ表示され、適合した外皮の結果(数値)は任意で表示可能です
※3 共同住宅の一次エネの算出にあたって、共用部の評価をしない方法が可能
※4 複数建築物の認定を受けた場合には、申請建築物の着工後であっても認定の申請がなされうる
※5一般社団法人『住宅性能評価・表示協会』に登録されている
・品確法に基づく登録住宅性能評価機関
・建築物省エネ法に基づく登録建築物エネルギー消費性能判定機関
※6一般社団法人『住宅性能評価・表示協会』にBELS評価機関として登録されている
・品確法に基づく登録住宅性能評価機関
・建築物省エネ法に基づく登録建築物エネルギー消費性能判定機関
※7省エネ性能向上と関係のない工事は対象外となります
(階段手すりの設置など)
※8申請建築物及び他建築物の各々が誘導基準に適合していることが条件
※9非住宅部とは非住宅部分全体となり、テナントなどの部分のみは不可となります

省エネ基準適否確認計算手法

下記表の青枠部が 各種認定・表示制度一覧に係る評価方法となります。
  基準省令の改正に伴う住宅・建築物の評価方法の分類
確認計算手法
※  標準入力法、モデル建物法、小規模モデル建物法、外皮計算用Excelシート、WEBプログラム、モデル住宅法、フロア入力法とはH28国土交通省告示【第265号】に規定する評価方法を指す。 どちらも国立研究開発法人『建築研究所』WEB公開の省エネルギー基準に準拠したプログラム又はExcelデータ等により評価する。
※1 共同住宅等の一次エネの算出にあたっては、住宅部分の設計一次エネ消費量、基準一次エネ消費量(又は誘導基準一次エネ消費量、特定建設工事業者基準一次エネ消費量)の算出において、共用部分(住宅部分のうち単位住戸以外の部分をいう。)を評価しない方法が可能(2019.11施行)
※2 共用部分を計算しない評価方法の追加に伴い、「住宅部分の外壁、窓等を通しての熱の損失の防止に関する基準及び一次エネルギー消費量に関する基準を定める件(平成28年国土交通省告示第266号。上表におけて「仕様基準」という)」(2)を削除。
※3 BEST省エネ基準対応ツールとは基準省令第1条第1号及び第10条第1号に規定する国土交通大臣がエネルギー消費性能を適切に評価できる方法と認める方法。又、BEST省エネ基準対応ツールの適用については提出先機関の審査体制による。適用可能の判断を事前確認する必要がある
※4 複数建築物の認定においては使用不可。
※5 仕様基準とはH28国土交通省告示【第266号】に規定する評価方法を指す。
※6 地方公共団体の条例において、一定規模以上の建築物に省エネ基準の必要な事項を附加している場合は、当該条例の定める建築物について対象になる。

リンク