建築物環境性能評価
CASBEE®(建築環境総合性能評価システム)とは?

「CASBEE®」(建築環境総合性能評価システム)は、建築物の環境性能を評価し格付けする手法です。
省エネや省エネ資源・リサイクル性能といった環境負荷削減の側面はもとより、室内の快適性や景観の配慮といった環境品質・性能の向上といった側面も含めた、建築物の環境性能を総合的に評価するシステムです。

CASBEE®の評価ツール
  • (1) 建築物のライフサイクルを通じた評価ができること
  • (2) 「建築物の環境品質・性能(Q)」と「建築物の環境負荷(L)」の両側面から評価すること
  • (3) 「環境効率」の考え方を用いて新たに開発された評価指標「BEE(建築物の環境性能効率」で評価する

という3つの理念に基づいて開発されています。

BEEによるランキングでは、「Sランク(素晴らしい) 」から、「Aランク(大変良い) 」「B+ランク(良い) 」「B-ランク(やや劣る) 」「Cランク(劣る) 」という5段階の格付けが与えられます。

また、CASBEE®には、建築物のライフサイクルに応じた基本ツールと、個別の目的に応じた拡張ツールがあり、そのツールを用いて建築環境総合性能評価を行います。

「財団法人 建築環境・省エネルギー機構ホームページ」 より引用)
『CASBEE®』は、財団法人建築環境・省エネルギー機構の登録商標です。
当社ホームページ内における『CASBEE®』はホームページ閲覧上のデザインに限って、使用許諾に基づき使用しており、弊社が提供するサービス等の一切に関して許認可を受けているものではありません。